妊活中に葉酸を摂ろう

葉酸という成分はなにか?

葉酸は赤ちゃんに欠かせない成分

妊活中や妊娠中の方は葉酸を摂取したほうが良い、という話を聞かれたことがある方も多いはずです。日本では2000年より国をあげて妊娠中に葉酸を摂取するように呼びかけています。母子手帳にそのことが記載されているほどです。しかし、そもそも葉酸とはどんな成分のことで、どのような効果があるのでしょうか。妊活サプリメントで有効な成分ならこちら。

葉酸はほうれん草の葉から発見されたビタミンで、水溶性のビタミンB群の一種です。ほうれん草をはじめ、多くの葉物の野菜に豊富に含まれている成分のため、「葉酸」と呼ばれるようになりました。葉酸はたんぱく質や細胞をつくる時に必要な、DNAなどの核酸を合成するのに重要な役割があります。つまり、赤ちゃんが細胞分裂を繰り返して大きく元気に成長するために欠かせない成分と言えます。

そのため、妊娠を考えている方や妊娠の可能性がある方は、妊娠する前から葉酸を積極的に摂取して、赤ちゃんが元気に育つことのできる体作りをしておく必要があります。妊娠中の女性は一日400μgの葉酸の摂取が推奨されています。妊活中の方はいつ妊娠しても良いように妊活中の間から一日400μgの摂取を心がけましょう。一日1000μg以上は過剰摂取になると言われていますから、必要だとは言っても過剰摂取にならないようにすることも大切です。

葉酸は葉物の野菜以外にもアスパラガスやブロッコリー、うなぎ、レバー、いちごなどのさまざまな食材に含まれています。バランスの良い食事を心がけていれば、不足することはないと言われていますが、食事を極端に制限するダイエットをしている人は注意が必要です。葉酸不足にならないように、ダイエット中も緑黄色野菜はしっかり摂るなどの工夫をするようにしましょう。